【4/25】食とカラダの根っこのおはなし

子育て中の女性の働き方、暮らし方応援

岩手二戸のはんのきざわ美鈴です



****

食とカラダの根っこのおはなし
花粉症が治っていたお話会

4月25日(水) 11時〜13時

岩手県二戸市 flasco402 はんのきざわ自宅

参加費 3000円

定員 5名

お申し込みはFBメッセンジャーもしくは

rin31.x@gmail.com までご連絡ください♪

*****



7年前長女の妊娠出産をきっかけに、食への興味が深くなり

自然療法などで有名な東城百合子さんのお話を聞いたり

つぶつぶ雑穀料理のセミナーに岩手青森そして東京へと幾度となく通いました





もともとは妊娠中でもインスタントのものや、コンビニのスイーツも食べていた人でしたが


つぶつぶ雑穀料理を学んでから、ごはんもおやつも手作り

伝統製法の調味料を使った穀物菜食へとガラッと変わりました





私の頭の中が、楽しい食事から正しい食事に変わっていってしまって

夫や子どもには食べものを限って押し付け

家族ともギクシャク




2人目、3人目の妊娠をきっかけに自分の中に変化がおき、

ガチッとした穀物菜食からゆるっとになって、

今では肉魚卵乳製品もお菓子も買って食べていて

うまく付き合っていこうと、やっています





今そんな一般的な食べ方と変わらない食事をしていますが

もともと重度のアレルギー持ちの夫が

それでも花粉症や鼻炎、鼻血が治ったのは

調味料だけは伝統製法で作られたものを使い続けたから






食べ物って神様がその土地土地に、住む人たちにぴったりの食材を与えてくれた愛なんだと思います


そして、その材料を使い先人が知恵を後世に伝えてきてくれてます





今何もかもスピードスピードで、

先人たちが伝えてくれてきた大切なことが

ポロポロと落っこちてしまっています







今一度、私たちの食とカラダの根っこはなんなのか

思い出しませんか








食べ物って、ただ物質として満腹に食べていればいいってもんじゃないですよね


食材を作った人のエネルギー

食材の鮮度

料理を作った人のエネルギー


それが料理に乗るんだよね

見てわかる




だから私は愛の乗っている手料理がすきです





----

このお話会では

花粉症は実は治る症状

食とカラダの関係とは

季節と体の関係

夫婦親子の食の嗜好の違いを乗り越える

塩や油の役割

どういう調味料がおすすめなのかなど

学んだことと、私の体験を通してお話をしたいと思います^^


****

4月25日(水) 11時〜13時

岩手県二戸市 flasco402 はんのきざわ自宅

参加費 3000円

定員 5名   残席4

お申し込みはFBメッセンジャーもしくは

rin31.x@gmail.com までご連絡ください♪

****

0コメント

  • 1000 / 1000